障害者向けの求人の見つけ方!不利にならず就職するには

身体障害や精神障害、発達障害の方やご家族の方にハローワーク以外で就職先を探す方法や、理解のある職場に 転職する方法などご紹介します

スワンベーカリーで働きたい!求人募集はここで探そう


スワンベーカリーで働きたいと思われる
障害者の方も多いのではないでしょうか。

 

まず、スワンベーカリーの理念が素敵ですもんね。


健常者の得る最低賃金支給額より、
大幅に安い賃金を支払われることの多い


障害者の雇用の現状に悲しんだ


「公益財団法人ヤマト福祉財団」理事長だった
小倉昌男さんが、


障害者が適正な収入の確保を得られる技術や、
環境を得られるようにと作られました。

 

それが今では、

 

東京を中心に直営店4店舗、


さらには、北海道、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、

群馬県新潟県福井県大阪府岡山県

広島県山口県と20店舗以上のお店があります。


しかも最近ではオンラインショッピングもあり、
アレルギー対応ケーキなど、


ファンも沢山増えています。


そして、
350名以上の障がい者の方が、
経済的な自立と社会参加を果たしています。

 

【スワンベーカリーの求人はどこで見つける?】


「スワンベーカリー求人」で検索してみても、

一応、タウンワークバイトルなどの
サイトは出てきますが、


実際に求人が載っていることがありませんでした。


各お店のホームページを見ても、
営業時間や場所が載っているだけで、


「応募はこちら」や求人などを
見つけることはできませんでした。

 

私も同じでした!

という声も聞こえてきそうですね。

 

実際に働いている方は、

施設にたまたま入った求人から
知ることも多いようです。


もし、気になるようでしたら、
直接近くのスワンベーカリーに


求人募集をしていないか
確認してみるのも良いかもしれません。

 

【スワンベーカリーに負けない障害者向け求人】


本当はスワンベーカリーで働きたいけど、
タイミングが合わずに、


仕方なく、ほかの仕事を探すこともあると思います。

 
そんな時にお勧めなのが、
障害者向けの求人を専門で扱っている


インターネットの就職支援サービスを
使うことです。

 

障害者に対して理解があり、


環境面、賃金面などでも納得できる
求人がたくさんあります。


それに、その方に合った求人を
非公開求人から見つけてくれるので、


使ってみると良いと思います。


参考にされてみてください
一般企業への就職率97.8%!
就職に向けた準備をするならアイエスエフネットジョイ



障害者の就職支援のエキスパート
↓↓↓ こちらもお勧めです↓↓↓



是非ぴったりの希望する
お仕事が見つかると良いですね♪

言語障害・聴覚障害の方も安心して働ける求人の探し方


言語障害聴覚障害がありながらも、

自分の働きたい気持ちや特技を生かして
職につきたい。

 

でも、なかなか良い職場が見つからない。


そんな方はぜひ参考にされてみてください。

 

言語障害聴覚障害の方が安心できる職場】


いくら言語障害などの障害をお持ちでも
大丈夫といっている職場でも、


実際に働いてみたら、

まわりの人の理解やサポートが
思っていたよりもなくて、


結局、また新しいところを探しているうちに


就職活動に疲れて、せっかくの就業意欲まで
無くなってしまうという方もいるようです。


たとえば、


手話通訳のできる人がいたり、

難聴用の電話機があるところだったり、

筆談での対応もできる、

 

そういった就職しやすいだけじゃなくて、


“働き続けやすい”を探すのがポイントになります。

 

じゃあ、どうやって探すのか?

なかなかハローワークなどでも
数は限られてくるし、


タイミングや倍率もわるい。


そこで、おすすめなのが、
障害をお持ちの方、専用の

求人サイトを活用することです。

 

第三者の立場で就職活動を
サポートしてくれるので、


自分の希望や体力なども含めて

条件に合う職場を紹介してくれます。


それに、一人ではなかなかしづらい
就労条件などの交渉事も


間にはいってくれるので、
安心して企業を選ぶことができます。


障害者向けの求人を一括して
取り扱っているサイトはいくつかあります。


言語障害聴覚障害者の求人数も多くて、


サポート体制も
充実していると評判なのは


こちらでした。

障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】


一般企業への就職率97.8%!
就職に向けた準備をするならアイエスエフネットジョイ


いくつか活用すると、
自分に合った職場が


早く見つかりやすくなるので
おすすめです。

視覚障害者向けの求人‐仕事の見つけ方から地域別まで

視覚障害のかた向けの求人の探し方や
見つけ方のコツをご存知でしょうか?


ただ闇雲に求人を探しても、

通勤が大変な職場や

拘束時間の割に
お給料が思っていたよりも安い、


そんな会社しか見つからずに
がっかりしてしまう人も多いです。


そして、働ける職場よりも、
あなたに合った職場のほうがよくありませんか?


職場の人と合う、


やりたい職種が合う、


希望する勤労時間が合うなど。

 

あとは、サポート体制や視覚障害に対して
理解があるところを見つけるのがポイントです。

 

点字ワープロがある、音声入力機器

健康管理室がある、休憩室などがある、


当たり前にバリアフリーになっていることも
重要ですよね。

 

視覚障害者向けの優良求人の見つけ方】


地域の求人誌や、気になる職場を
調べてみるのもありですが、

それでは、働くまで分からないことだらけで、

情報不足すぎます。


そこで、視覚障害に限らずに、
障害者向けの求人を統括して


取り扱っている就職支援サイトを
利用するのがおすすめです。


必要であれば面談もしてくれて、

希望に合う時間や給料、勤務地、


労働条件などからいくつかの
求人を紹介してもらえます。

 

求人自体も第三者の立場から
調査・整理されているので

 

就職が決まってからも
安心して働くことができます。


もちろん、東京・大阪・名古屋・福岡などの
都心だけに限らずに


エリア、地域ごとの求人も多いです。


就職が決まれば、企業側が就職支援サポート側に
礼金を支払う形になるので、


こちらの働く立場としては
無料で受けられるサービスです。

 

サポート体制もしっかりとしていると
評判の障害者向けの就職・転職支援サイトはこち

 ⇒

一般企業への就職率97.8%!
就職に向けた準備をするならアイエスエフネットジョイ

 

本人の代わりに視覚障害をお持ちのご家族の方が
登録をされるケースも多いようです。


良かったら参考にされてみてください。


障害者アスリート雇用‐競技と収入のバランスがとれる求人

障害者アスリートへの企業の見方も
雇用の形も変わってきているのをご存知でしょうか?


今まで障害者アスリートが収入をとるために
企業で働こうと思うと、


次の3つが当たり前でした。

 

①選手自身が企業を回って就職活動を行う方法


②競技団体からの紹介や斡旋で入社する方法


日本オリンピック委員会からの紹介で入社する方法


【障害アスリートの最新の就業戦略】


最近では
2020年東京パラリンピックに向けで

障害者スポーツが本来持つスポーツとしての魅力、
可能性に注目が集まっていて


企業側も自社のイメージアップ戦略もあり

競技中心の雇用契約を結んで、集中して競技に望む
選手も増えつつあります。

 

そこで、新たに注目されているのが、
障害者アスリート専門の


人材紹介サービスです。


企業側も選手側のニーズをヒアリングして
マッチングしていくので、


両者ともに、採用にかかる時間も労力も
節約することができます。

 

さらに、働き方も様々です。


大きくわけると3つあります。


①:スポーツを通して広告塔になり、競技に打ち込む「競技専念型就労」

②:社内勤務をこなしながら日々のトレーニングに励む
「社内勤務・競技バランス型就労」


③:引退後のキャリアも考え、
フルタイムで働きながら空き時間に競技を続ける「競技支援型就労」


今はスポーツに打ち込みたいけど、
やはり今後のキャリアも不安という方も、


これまでに沢山の事例や企業との関係を
見てきた立場から


キャリアプランについて客観的に的確にアドバイス
してもらうこともできるので、


興味があるアスリートの方は是非参考にされてみてください。


あなたの働き方、スポーツへの姿勢で
勇気をもらえる人もたくさんいるはずです。


障害者アスリートの就職・転職のことなら
圧倒的な求人数とサポートがおすすめの
こちら↓↓↓

 

 

障害者向けの求人!ハローワークにない大企業も

私もそうでしたが、障害があると
働き先を見つけるときに


すごく不安になりませんか?


ハローワークで探してみても
地域やタイミングによっては

障害者向けの求人が全然ないこともあります。


そうすると、


やっぱり障害があると
就職は難しいんじゃないだろうか、


就職できないんじゃないかって
どんどん後ろ向きになってしまいます。


何度も自分を奮い立たせて

就職フェア―や説明会、面接会も
探して参加しているけど、

なかなか思ったように就職できない・・・


どうやって就職活動したら良いか分からない・・・


そんな方には、

障害者向けの就職支援サービスを使うのを
おすすめします。

 

正社員で働きたい、
アルバイト・パートとして働きたい
という働き方から、


希望する職種や業種、
自分の資格を活かした仕事がしたい、


そういったことを相談して
職場を紹介してもらうことができます。


書類の作り方や就職・転職活動の進め方などを
個別で相談できたり


一般には非公開になっている求人も紹介してもらえます。


使い方も簡単で、まずはインターネットから
申し込みができます。

 

氏名や障害の状況を入力します。

たとえば、

上肢・下肢障害、言語障害
視覚障害聴覚障害人工透析

などの身体障害や


統合失調症適応障害
パニック障害などの精神障害

ADHD、LDなどが
チェックできるようになっています。

 

そうすると、個別に電話やメールで
就職に向けてサポートしてもらえます。

 

文字だけで今は想像しづらいかもですが、
大丈夫です。


実際に見た方が早いと言う方は
こちら⇒障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】


紹介してもらう会社も、障害者の
就職支援をしている企業が厳選していて


障がい者採用に積極的で障がい者の活躍実績のある
企業なので、安心感があります。

 

他にも面接の対策や年収、待遇の交渉なども
総合的にサポートしてもらえます。


採用が決まれば、会社側からサポート企業に
報酬が支払われる仕組みなので、


利用者は費用をかけることなく
使えるのも嬉しいですね。

 

デメリットとしては、

いくらサポート体制がしっかりしていても、
アドバイスを素直に聞けなかったり、

すぐにあきらめたら結果は出ないということです。


あとは、不安なことを聞きやすい
カウンセラーの人に当たるかどうかもあります。


なので、2つほど登録して
自分に合ったサービスを使ってみるのがおすすめです。

 

しっかりと仕事で活躍をして、
メリハリある生活を送れますように。


おすすめの障害者向けの
就職サポートサイト↓↓↓

20代から30代40代の方もたくさん
就職に成功されているようです。

障害者向け就職支援サイトの選び方と使い方は?

障害を持ちながら転職をするとなると、
まず不安も大きいですよね。


仕事探しの不安もあれば、収入面で生活の不安もある。

実際に働く本人さんにとっても、
ご家族にとっても、大きな転換期になります。


きちんと、自分の希望にあった求人を探したい、

障害者向けの転職サイトなどもいくつかあるけど、
どこを選んで良いか分からない。


そんな方は参考にされてみてください。

選び方や使い方をご紹介していきます。


【まずは体験談から】

私は前職は健常者枠での就職していました。

ただ、どうしても体力的にもつらく、
契約終了となったときに、再就職活動を行う事に。


事務職を希望し自分で2、3社応募したんですが、
40代で事務職未経験というところが懸念となったのか

なかなか選考を通過することができませんでした。



ハローワークにも自分が希望する条件の
会社がなかったので、


障害者向けの転職支援サイトを使ってみることに。


初めての転職活動の私でも簡単に使えました♪


まずプロフィールと自分の
障害の箇所や等級についてチェックをするだけ。


そうしたところ、
まず電話で連絡をいただき、

その後に、カウンセリングして頂く日程を決めることに。


面談ではこれまでの仕事の経歴や
希望する働き方、職種、時間、収入などを
丁寧に聞いていただきました。

 

そのあとに、いくつか求人を紹介して頂き、

事務職といっても、自分が想像していたよりも
働き方にも幅があるんだなって思いました。


驚いたことには、
面接の日程調整までしてくださりました。


1つ目の会社では、残念ながら通りませんでしたが、

面接を受けた会社からの返事がくるまでの間にも、

担当のアドバイザーの方が
新しく入った求人をメールで送ってくださっていたので、
落ち込む間もなく、前に勧めたのが心強かったです。

 

どうしても面接も上手くいかないのが続くと
不安になりましたが、


選考書類の書き方なども、
気長に付き合っていただけたので、


最終的に採用してもらったところには、
自分の自信も伝わったんじゃないかと思ってます。


働き初めてからも、職場の方も
上司の方も理解が深く、働きがいがあるので、


本当に紹介してもらって良かったです。

 


【障害者向け就職支援サイトの選び方】

いくつかポイントがあるようなので
まとめてみます。

・障害者の就職・転職支援でたくさんの実績がある


・求人数が多い


・サポート体制がある
(就職した後も相談しやすいかどうかも含む)


他にも、担当してくださるアドバイザーの方との
相性も少しはある気がします。


なので、障害者向けの支援サイトは1つに
絞りすぎない方が、

いろんな求人も紹介してもらえるので、
良いと思います。


ちなみに私が使って満足度が高かったのが
こちらの2つです。

障がい者求人紹介【ラルゴ高田馬場】

キャリアアップしたい障がい者の方へ
登録無料!アイエスエフネットジョイ

 

あとは、すぐに得られなくても、
次に活かそうとする謙虚な気持ちと

めげずに続けるチャレンジ精神が
良い結果につながったのかなとも思います。

 

車いすで働ける職場の求人を探す失敗しない方法

下肢に障害があり車いすで生活されながら、
働きやすい職場を探しておられる方は
参考にされてみてください。


まず、車いすで働きやすい職場とは、

バリアフリーであったり、手すりが
設置されているなど、


「施設」に関係するところと、


あとは、職場の人の「理解がある」こと。
この2つが大事になりますよね。


大事な書類を入れている棚が低くしてくれたり、
仕事中の移動頻度やトイレの位置など


実際に車いすで働いている人にしか
分からない苦労を一緒に解決してくれようとする
企業を探すのがポイントになります。


車いすでも働きやすい職場を探す方法】

なかなか自分で企業に交渉したりするのは
むずかしいし、


実際に働いてみないと、どれくらいに
周囲の人の理解があるのかも分からない。


そこで便利なのが、障害者向けの
就職・転職支援サービスを使うことです。


リクナビマイナビなど大手の
就職サイトももちろん使えますが、


障害者の就職支援に特化した
サービスサイトの方が求人数も違えば、


そこに掲載している企業の
理解度なども大きく変わってきます。

 

そして、1番のメリットは
担当してくれるエージェントの人が


自分では話づらいことを
第3者の立場から交渉してくれることです。

 

たとえば、出勤時間帯について。

大都市圏などでは朝の通勤ラッシュ時に公共機関で
車いすを利用するのは難しいです。


なので、公共交通機関が比較的、空いている
時間帯での出勤が可能かといったことも
確認してもらえます。


他にも、自動車通勤が可能な場合、
通勤手当」が出るかなども、
細かいですが重要ですよね。


せっかく働く会社です。

自分だけ我慢したり努力したりすればと
抱えこまずに、


あなたに合う働きがいのある職場は
きっとあるはずです!


車いすで転職に成功した先輩方の
体験談などもたくさん教えてもらうことが
できるので良かったら

参考にされてみてください。
↓↓車いすでも働きやすい求人多数↓↓↓